• 冨永ボンド

ボンドアートとは?

最終更新: 2019年7月9日

こんにちは!

ボンドで描く画家、冨永ボンドです。



突然ですが、ボンドアートとは何かのテキストをリライトしました。







◆ボンドアートとは?

ボンドアートは、冨永ボンド独自の画法である。画材に「ボンド」を使用する。


​黄色いチューブと赤のキャップが印象的なコニシ株式会社の「ボンド木工用」は、主に、木や紙を”くっ付ける”ために使用する身近な日用接着剤である。おそらく、誰もが一度は使ったことがあるだろう。中身の色は通常「白」で、乾くと半透明になるのはご存知の通りだ。


しかし、ボンドアートに使用するボンドの色は白ではなく「黒」。ボンドに黒い水性塗料を混ぜ、黒に着色している。冨永ボンドの作品は多彩な色使いが特徴的なため、一見「様々な色のボンドを使っているのではないか?」と思われがちだが、ボンドは黒以外は使わない。


多色彩な面の部分は、水性の絵の具やアクリル絵の具を使い「筆」で描く。完成までの手順は、先ず筆で自由に絵を描き、次に色と色(面と面)の境界線を黒いボンドで縁取る。縁取りを終えたら、完成。創作手順が単純明快であるため、完成度を悩まなくて良い。むしろ、絵の上手さや技術を反映することが難しく、ボンドの線の太さ・立体感・光沢が作品のディティールを制限するため優劣を作りにくいという、アートセラピーの分野ではこの上ない利点を生み出している。


黒のアウトラインは、画面を引き締める視覚的効果があり、1つ1つの形を決めていく作業は、心理学的に安心感を与える効果がある。面を黒でつなぐことは、ある意味、面を隔てること。つまり、つなぐ(接着する)とは、個性をカタチづくり際立たせることなのだ。


​ボンドアートの役割はふたつ。人とアートをつなぎ、日常を豊かに彩ること。

絵を描く作業の大切さや、社会におけるアートの役割を多くの人に伝えること。


ボンドアートとは何か。それは、現代アーティスト「冨永ボンド」が夢・目標を実現するための「手段」であり、独自の画法と活動そのものが「世界にひとつだけの現代アート作品」なのである。



以上です。


どうかな。すっごく短くまとめて上記なんですけど、わかりやすいかなぁ....。

これからも、言葉の力でもっともっと多くの人にボンドアートを伝えます!




各作品群のコンセプトはこちらに掲載していますので、よろしければご覧ください。




さて、今月のボンドバ開放日は、7月28日(日)です。


しかし、私は秋田県へ出張のため不在です。

実は、8月も10月も不在なんです......

大変申し訳ありません!


でもボンドバは開けていますし、ボンドアート創作ワークショップも出来ます。

ボンドバ周辺には、31カ所のウォールアートがあるので、そちらも是非見て頂けると嬉しいです♪



No failure in Art.

冨永ボンド


#アート #コンセプト




698回の閲覧

お問い合わせ  |  ボンドグラフィックス 

〒846-0002 日本佐賀県多久市北多久町小侍703-21 
bondgraphics@gmail.com  |  0952-37-8646
© 2018 BOND GRAPHICS, Designed by Tominaga Bond

  • 冨永ボンド Facebook
  • 冨永ボンド Twitter
  • 冨永ボンド Instagram
tomninagabond_logo.png

​木工用ボンドで描く画家

冨永ボンド Official Website